「優れた経営者は機会に餌を与える」

「優れた経営者は問題を飢え死にさせて、機会に餌を与える」、ピーター・ドラッガー氏の言葉です。
 
問題点(短所)にばかり着目すると、どんどん問題点が見つかります。一方、チャンス(機会)にのみ焦点を
当てて考えれば、たくさんチャンスが見つかります。後者に挑戦してみましょう。
 
全体の売上高が昨年対比で10%減収になっている企業でも、伸びている部門や商品・サービスは存在します。すべてが均等に10%減収になっているわけではありません。
あるものは30%減収、あるものは10%減収、そして、あるものは20%増収、こんな風に構成されています。20%増収になっているものに着目してください。
 
全体が10%減収している中で、20%も増収になっているのはなぜか?ここには大きなチャンス(機会)が存在しているはずです。「機会に餌を与える」とは、この20%に着目して経営することです。
 
全体の利益が昨年対比で30%減益になっている企業でも、増収出来ている部門や商品・サービスは存在します。
ここには大きなチャンス(機会)が存在しているはずです。
「機会に餌を与える」とは、大幅な減収の環境下でも、増益出来ているものに着目して経営することです。
 
取引高が伸びている取引先があるはずです。
ここには大きなチャンス(機会)が存在しているはずです。
「機会に餌を与える」とは、伸びている取引先に着目して経営することです。
 
好調な経営を続けている取引先があるはずです。
ここには大きなチャンス(機会)が存在しているはずです。
「機会に餌を与える」とは、ツキのある取引先に着目して経営することです。
 
幸運を持ち合わせている役員・社員がいます。成績を著しく伸ばしている役員・社員のことです。
ここには経営の大きなチャンス(機会)が存在しているはずです。
「機会に餌を与える」とは、この幸運に着目して経営することです。
 
短所ばかりが目立つ社員でも、探せば長所も見つかります。
ここには人事の大きなチャンス(機会)があるはずです。
「機会に餌を与える」とは、この長所に着目して人を育てることです。
 
時に問題点を退治するステージも必要です。急成長を続けるベンチャー企業にはこの発想が不足しがちです。
問題点を貯め込み過ぎると、爆発して危機を招きます。意図的に踊り場を作って、問題点と向き合うことも
必要です。
 
一方、経営の基本は「機会に餌を与え続けること」だと思っています。短所を探して嘆くよりも、長所・ツキ・幸運を探しながら、経営資源を長所に集中してぶつけてみましょう。
 
そのためには、長所を見つけるための経営管理が必要になります。
 
○売上が伸びているもの。
○儲かっているもの。
○幸運な出来事・人・取引先。
が機会・長所です。
 
決算書や試算表は、本来税務申告のために作っているのではありません。長所を探すためにあるのです。
 
決算書や試算表を長所探しのツールとして活用してみませんか。
数字の配置や分析方法を税理士事務所と相談してください。
 
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。
〇 コラムに関するご意見、ご感想、経営に関するご相談はこちらまで。【 0120-971-647 】

お問い合わせはこちらから

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です。0120-971-647 受付時間9:00~18:00(月~金)

 

  ◆事務所案内  ◆スタッフ紹介 ◆料金表 ◆アクセスマップ ◆当事務所14つの強み

 

札幌 会社設立・創業サポートセンターの実績

お客様の声

お客様の成功事例

メディア掲載・表彰・講師実績

推薦のお声

 

信頼性の高い会社を作りたい!という方にオススメ!株式会社設立プラン
「コストを節約して会社を作りたい!」という方にオススメ!合同会社設立プラン