創業時に融資は可能か?

DSC_74000121.jpg   会社を設立した後の資金調達手段として金融機関からの
融資を考えた場合、どこから借り入れることを
イメージしますか?

メガバンク、地方銀行、信用金庫、信用組合・・・
と貸付を行っている金融機関はたくさんありますが、
残念ながら創業時にこうした金融機関から開業資金を
借り入れることは難しいのが現実です


強い担保があったり財産のある保証人がいたりする場合は別ですが、資本が少ない時の
起業には不向きです。
なぜなら、民間金融機関は実績を重視するからです 

確かに民間金融機関にも新規開業者向けの融資プランもありますが、
実際にはリスクのある開業法人には、ほとんど融資がされないのが現状です。

続いてノンバンク系ですが、民間金融機関と比べると高金利となっていますので、
創業時にこちらもリスクを背負うようなことは、当然避けた方が良いと思います。

そこで狙い目となるのが、日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)の「新創業融資」
各都道府県や市町村が取り扱う制度融資の一部の「創業融資」です。

これらはいずれも、担保や保証人の確保が難しい人でも利用できる、
無担保・無保証での借り入れが可能な政府系融資です。

無担保・無保証での借り入れが可能な分、他の政府系融資のよりも高い金利が設定されますが、
それでも民間金融機関からの借り入れと比べれば、金利は低くなることがほとんどです。

創業融資の審査のポイント

融資を受けたい場合は事業計画書を作成し、担当官と面談をすることになります。

1)事業計画書の内容
2)事業主の能力・経歴・人柄
3)保証人・担保力
4)自己資金

面談の時に担当官が一番チェックするポイントは、まずは1)の計画書です。
これが全てと言っても過言ではありません。それくらい大事なポイントです。

これから起業しようという人に、事業家としての目があるか?の第一段階は、
この計画書で審査されます。

創業計画書の書き方

融資申し込みの際に創業計画書は必須です。

1)開業動機・開業目的
2)将来の展望(目標)
3)仕入計画
4)資金計画
5)売上予測
6)収支計画
7)返済計画

これらがしっかりと描けていないと、実際の面談時にも自分のプランをうまく語る事はできません。
上手に話す必要はないですが、しっかりと熱意と数字の裏付けがあって話すことが必要です。

1)開業動機・開業目的では、なるほど。この人ならうまくいきそうだ。」と思わせる必要が
あります。それには、窓口で用意されている開業計画書のサンプルだけでは物足りません。
何十枚も用意する必要はありませんが、自分の考えるビジネスモデルを理解してもらうには、
サンプルに沿った書き方に合わせることは難しいと言わざるを得ません。

2)能力・人柄・経歴は当然しっかりと見られます。
1)でも書いた「なるほど。この人ならうまくいきそうだ。」の”人”の部分を見られます。
政府系金融機関が起業する人に優しいとはいえ、ボランティアではありませんので、
さすがに資金回収予測がまったく立たない先には融資できません。

融資申請をしている方が、
今までどんな仕事をやってきて、今後どんな事業をしようとしているのか?
その事業にはこの人のキャリアの中からどんなスキルが生かされるのか?
事業主になるための最低限の知識があるか?

という部分が見られます。

最後の最低限の知識の部分ですが、担当官はまれに厳しい質問や、
相手の弱点を突くような質問をする時もあります。

その時にも、冷静にうまく切り返せるかも大きなポイントです。

面談の場になって、「とにかく死ぬ気で頑張ります!私を信じてください!」と言っても
融資はしてくれません。計画書を作って見てみれば、審査官は大体この辺りを
聞いてきそうだな、というポイントがわかりますので、不安な方は一度ご相談ください。

3)融資をする以上、政府系金融機関も回収見込みがあるかないかを見極めようとします
そして通常は保証人や担保があれば金利も低く借りることができます。

ですので、保証人や担保を用意出来る人は、付けた方が借り入れ条件は間違い無く良くなります。
とはいえ、保証人や担保というのは、用意出来る人はよいのですが、
まったく当てが無いという方も多くいらっしゃいます。

また、あえて起業時のリスクを自分一人で被りたいとのことから、多少金利を上乗せしても
無担保無保証型を選ぶ方もいますが、
どちらが正解ということはありません。 
(無担保無保証を選んでも、審査の結果、保証人を要求されることがあります)

ご自身の計画・信条に合わせて選択してください。

4)日本政策金融公庫での開業融資は自己資金要件があります
要件は開業資金の1/2です。

「1500万の事業計画なら半分の750万は自分で用意してください。
残りの750万は融資で用意しましょう」という感じです。

それに対して、無担保無保証の「新創業融資」では自己資金要件は1/3で大丈夫です。

融資上限1000万という枠がありますが、事業計画の1/3なので、
900万の計画であれば300万、600万の計画なら200万、300万の計画なら100万の
自己資金が最低限必要となります。

この自己資金については一時的に用意した見せ金でも大丈夫?と思われる方も
非常に多くいらっしゃいますが、審査の際には数か月に遡って通帳を見られるので
不自然な入金はいかにも怪しく思われます


一番良いのは、こつこつ貯めた経緯が手に取るようにわかる通帳です。
担当官は「この人はこの事業をやる為にお金を貯めてきたのか」と感じてもらうことで、
あなたを信用する材料のひとつとなります。

 

お問い合わせはこちらから

サービスに関するご質問・お見積もり依頼は無料です。0120-971-647 受付時間9:00~18:00(月~金)

 

  ◆事務所案内  ◆スタッフ紹介 ◆料金表 ◆アクセスマップ ◆当事務所14つの強み

 

札幌 会社設立・創業サポートセンターの実績

お客様の声

お客様の成功事例

メディア掲載・表彰・講師実績

推薦のお声

 

信頼性の高い会社を作りたい!という方にオススメ!株式会社設立プラン
「コストを節約して会社を作りたい!」という方にオススメ!合同会社設立プラン